雨漏り ベランダ手摺り笠木 脱着 

塗り替え時に雨漏りがあり、防水工事すれば改善されると思っていたお客様
結局工事が終わってもまた同じところから再発
理由はベランダ手摺り部分から
基本的に雨漏りは垂直の雨では漏れることは少ない
ならばいつ漏れるか、大抵は風を伴う雨。台風などもそうです
本来住宅はここ数年の自然災害に対応している訳では当然ありません

あくまでも普通の雨ならば防げます

今年になってからも台風でもないのに大雨強風の日がありましたよね
その度に不謹慎ながら”この雨で雨漏りした方から連絡あるだろうな”と考えてしまうほど
雨漏りする家は多い

極端な話、屋根の作り方次第で簡単に雨漏りする仕様の形状は多くあり
今でも建築され続けています
それが世の中の現実です

こちらのお客様の構造を見てみましょう
モルタル(セメント状)に穴が空いていたら?
そう、水が入りますよね
『でもカバーがしてあるから』
それを吹き込むような風が雨を入れてしまいます

雨漏りは単純なものでそこまで複雑ではないです
しかしながら無知な業者が多く、逃げるか大工事を勧められる傾向があります

原因を見つけてから直したい
ピンポイントで直したい
そう言った方、是非お待ちしております

ちなみにツバケンでは   雨漏り修理  という概念はございません
雨漏りに修理など存在しません
見つける・直す
これしか存在いたしません
安いからと言って雨漏り修理を謳う業者には注意
集客用の言葉に過ぎません

  • 場所

    神奈川県座間市

  • 施工内容

    バルコニー笠木脱着 雨漏り調査

  • 施工者

    黒澤

前の施工事例

戸建て

平塚市 外壁塗装 無機塗料にて施工

次の施工事例

戸建て

厚木市戸室 外壁塗装 無機 クリヤー

おすすめの施工事例