横浜駅西口商業施設NEWoman

 

冷たい雨の中、今朝もありがたく現地調査に行かせていただきました。

寒い寒い。暖冬と言われている令和2年の冬ではございますが、雨に打たれると寒い、、当たり前ですが。。

年末からこの横浜駅西口の商業施設ニュウマンの内装工事を手伝わせていただいております。

あの世界遺産 富岡製糸場の保存修理なども手がける天下の竹中工務店さまのお膝元にさえ及ばない弊社が

ほんの1部ではございますがおしゃれな内装工事を依頼され”これは多少うちの実績になる”と軽はずみに

受けましたら、追加・追加・追加・是正と、、

本部隊の戸建て住宅にも支障が出るほどの日程に。。

ま、これも身から出た錆否、何事も経験だと思うように施工させていただいております。

ハイパーゼネコンさまの現場は入場・新規登録・現場ルールなど工事自体以外に盛りだくさん。

ここから一般のお客さまに対してどのように工事を進めていくべきか・施工する職人の安全は確保できているかなどを見返してゆく作業にもなります。

僕が職人のとしてのスタートは20年以上前になります。

その頃は丸太足場です。

番線(太い針金)で丸太を縛り上げて組んでいきます。

ギシギシギシ、鳴り響く足場の上でくわえタバコで

作業する職人たち、、、今では考えられませんね笑

今の職人たちにはスキル以外に礼儀作法や挨拶、施工説明などできるスキルが求められています。

中卒が当たり前の業界ですから最初から出来る者は限られております。

戸建て住宅をメインに手がけるAZABU厚木営業所では

外人さん雇用には後ろ向きです。

偏見ではないですがお客さま目線で物事を考えてしまうと難しいですね。

時代はそっちに向いておりますが塗り替え工事はお客さまとのコミュニケーションが大事ですから外人さん、というだけでご心配されるのではないかと思ってしまいがちです。

AZABU厚木営業所ではお客さまとの交換日記などで不在のお客さまとコミュニケーションを取らせていただいております。

字は口ほどに物を言う、、です。

文体や字の優劣でも判断されてしまうものかと思っております。

美しい字体ですと”心までも美しい”ような気させいたします。

また挨拶や礼儀・文章が美しい職人には施工に嘘があるはずもないです。

中国の儒教から信義礼知信を学び改めて工事させていただきたいと思います!


厚木市で塗り替え工事はAZABU厚木営業所

厚木市で外壁塗装はAZABU厚木営業所

厚木市で防水工事はAZABU厚木営業所

厚木市で雨もり調査ならAZABU厚木営業所

厚木市で屋根葺き替えならAZABU厚木営業所