機能性塗料 断熱ガイナ!

 

土曜日から着工しました伊勢原市白根のお客様

そこから車で2分の伊勢原市坪ノ内というところの

お客様から見積もり依頼がありましたので帰りに寄らせていただきました

60坪のビックサイズなお宅なので屋根・外壁上塗り塗料が11缶、、豪華です

最初はお客様は金額勝負的なところを重視しておりましたがAZABU厚木営業所は上塗り塗料を押し売りしないので本当に選びたいものに決めていただきます

そしてお客様がお選びになったのが

機能性塗料 断熱ガイナ

省エネ大賞受賞

省エネ大賞は今まで製品にのみ付与されるものでした

塗料は半製品となります

塗料とは職人さんが施工方法をしっかり守り

熟練した技術をもって完成品となります

ここまで出来ないと製品になりません

省エネ大賞も眉唾です


機能性塗料も専用下塗り塗料を適正に塗布しないと

上塗りが発揮されません

そしてそれよりも前に大事なことがあります

それは下地補修ですね

屋根には

毛細管現象(雨もり予防)を防ぐ

タスペーサーを1㎡辺り10個

スレート屋根のクラック(ひび割れ)には

タスマジック(ひび割れにコーキングはなんの意味もありません)を1クラックに対して1パック流し込む

外壁には

ヘアクラックにはミラクルプライマーMP-1000を流し込んで外壁材の内側まで浸透させ固着させます

その上にポリウレタン系のシーリングを撫でる

サイディング壁のつなぎ目(板間目地)は撤去・新規打設(プライマー塗布・オートンイクシード打設)

サッシ周りには(プライマー塗布・オートン超耐シーラー打設)三角打ち

他にもまだまだあります

それらを全て行ってから初めてビニール養生

下塗りに入ります

お客様に2週間あれば出来ますよと申しますと

”そんな早く終わるのね” なんて言われますが笑

工程を思っているよりかなり多いですよ笑

それらを企業努力で頑張っております


西野はお客様に”塗料は極論なんでも良い”と

言っちゃいます

語弊がありますがだいたいあってます

”どんなに良い塗料も下地次第”

言いたいことはここなんです

上塗り塗料の性能ばかりの説明で中身のない

説明には乗っかって欲しくないですね

例えば外壁に20年30年保ちますよ、と言って

付帯部(雨樋・破風板・天井・雨戸など)には

ウレタン塗料で仕上げます、なんて。

これだと絶対に外壁を塗る必要がなくても

他の部分を再塗装する必要がありますね

AZABU厚木営業所では付帯部にはフッ素仕上げ

屋根外壁にシリコングレードを選ばれても付帯部には

オールフッ素仕様

こうすることによりお客様が選ばれた耐久年数まで

他の部分が保つ計算となるから

たまに付帯部のフッ素をグレード下げてもいいので

値下げできる?なんて言われますけど

付帯部には基本保証を付与できません

木部・鉄部は湿気や紫外線に弱く外壁などよりも

劣化スピードが早いためです

なるべく依頼された塗り替え工事を長持ちさせたい

そう思って常日頃勉強しております

ではまた


厚木市で 塗り替えなら AZABU 厚木営業所まで

マンション アパート 戸建 なんでも

リフォーム工事でも お問い合わせください