宮古島暴露試験場視察!

 

代表の西野です。

11月4・5日と沖縄 宮古島に

日本塗装名人社 厚木店

として視察させていただきに行ってきました。


宮古島とはバカンスな、、と思われがちながら

一泊です笑


さて”なぜ宮古島なのか”


それは日本随一過酷な環境だから、暴露試験場があると言っても過言はないところだからです。

紫外線量・塩害・日照時間

全てにおいて神奈川県に比べて多いからです。


宮古島の建物はRC(コンクリート造り)しかありません。


木造住宅の家は見つけられませんでした。


それは聞いた話ですが


風速40Mに耐えうる基準でないと家を建てられないそうです。


AZABU 厚木営業所 のある神奈川県厚木市では


主に木造住宅のモルタル壁やサイディングなどが

多いと思います。


それは沖縄 宮古島 より遥かに建物環境が良いからだと思いますよね。


しかし神奈川県や関東地区でも自然災害も目立つようになってきました。


それは西野なりに環境破壊などの影響で日本列島が


”今までの建物に対しての概念も壊れた”


と思うんです。


”当たり前と思っていたことを自然が凌駕した”


物騒な話かもしれませんが本当です。


『今まで雨漏りしたことはなかった』


そんなお客様からのご相談がすごく多くなりました。


それは今までの台風・豪雨とは変化したからです。


これからの住宅環境は目まぐるしく変わってくると思います。


西野は自然災害と毎日向き合い知ろうと努力しています。


お客様のお力になりたいと思い専門的知識を身につけ

同業者では分からない雨漏り知識・火災保険知識・塗料選定などです。


本日は2階収納からの雨漏りを散水調査にて突き止めてきました。

昨日はラーメン屋テナントが全焼してしまい思うような火災保険認定をしてもらえないと弁護士さんから依頼のご相談を受けました。

根本的に承認意欲が強い西野は俄然頑張ります。笑


さてさて、肝心な暴露試験の話に戻りますが

”何をしてきたの?” ですよね!


宮古島暴露試験場には日本塗装名人社として

各塗料メーカーさんが世に提供している塗り替え工事に必要な塗料を同じ塗り板に・同じ人が・同じ塗り方で・同じ気温・同じ湿度で塗った検体です。

各塗料の標準塗布量・標準乾燥時間などこだわっています。


そちらを郵送で宮古島に郵送し・同じタイミングで・同時に・

同じところに(室外)設置して


光沢が落ちてないか・耐久性は落ちてないか・美観性は落ちてないかを三ヶ月に一度検査してくれています。(佐々木専務)


それによって何ができるのか


各塗料メーカーさんのことを悪く言う


ではありません


日本塗装名人社が優秀だと思われる塗料メーカーさんと提携して

OEM塗料をお客様にご提供させていただいている(JPM塗料)

が本物なのか、それを立証するためのものであります


各メーカーさんも日々良い塗料を作ろうと励んでおります


その中でも”特に優秀だった塗料をご提供すること”こそが

日本塗装名人社の使命であるからです


選んでいただいたお客様に最高の品質をお渡ししたい


それが西野の生きがいになってきました


社外秘過ぎて口外はできませんが塗料はとても奥深いものです


20年30年と塗装職人をしていても知り得ない知識を身につける


それが日本塗装名人社です



西野がご提案する塗料は本物過ぎます!



乞うご期待!笑